powered by

pick up

「現場の温度を伝えたい」NGOのための写真講座
「現場の温度を伝えたい」NGOのための写真講座
  • シェアする

  • LINEで送る

【案内文】

「現場の温度を伝えたい」NGOのための写真講座

活動を多くの人に知ってもらうために必要な広報、

その要となる〔写真〕はどうやって撮っていますか?

「写真はたくさんあるが、活動が伝わる良い写真がない!」

「撮影はセンス?言語化してチームで共有が難しい!」

「寄付につながる写真とは・・・?」

こんなことにお悩みの方におすすめです!

講座では、国際協力の第一線で活動するピースウインズ・ジャパンのフォトグラファー近藤史門さんを迎え、広報写真を撮るための "ポイント" を皆さんが撮影した写真も照らし合わせながら解説していきます。

\開催概要/

■日時:7/8()19:3020:30(+質疑応答30)

※ただし災害発生時など社会情勢によって延期になる可能性があります

■講師:近藤史門(こんどうしもん)さん

▼お申し込みはコチラ

https://forms.gle/n455MUFmUEtACGqx9

▼添削してもらいたい写真がある人はコチラ

https://drive.google.com/drive/folders/178m3MXe31bs8PjNP_ed68GMmnKMHwKsI?usp=sharing

7/7()までにデータ名を「お申し込み名(団体名)」にして保存してください

※こちらの写真は添削のみに使用します

※時間に限りがあるためすべての写真が採用されるわけではありません

■参加費:無料

■参加条件:

1)日本の国際協力NGOで活動するスタッフであること。年齢・契約形態等不問。

※役員・インターン・ボランティア含む

2)メンバー間で交流する意思があること。

3Nピボにコミュニティメンバーとして、NGONピボに関する最新情報が届くNピボスラックに登録していること、する意思があること

登録がまだの方はNピボホームページ右上の「登録する」よりお進みください。

■講師プロフィール: 

近藤史門さん

新卒で就職した地元名古屋のNGOを通し、3年間エチオピアの僻地で水道建設と地域開発事業に従事。そこで趣味のカメラと人道支援分野の活動を掛け合わせたいという想いが生まれ、NGOカメラマンを志し、2020年に現職ピースウィンズ・ジャパンに入職。

主に海外人道支援の現場撮影を担当しつつ、国内外の大規模災害時にはレスキュー隊に帯同し緊急出動している。その他、保護犬事業や地域開発、現代アートなど、ピースウィンズ・ジャパンが手がける幅広い事業を撮影記録している。

受賞歴:

2018年 外務省フォトコンテスト 最優秀賞

2019年 外務省フォトコンテスト 最優秀賞

2020年 愛媛県 愛顔の写真 優秀賞

  • シェアする

  • LINEで送る